キャバ嬢は戦っているのかもしれない

キャバクラのイメージというのは、申し訳ないのですが決してよくはありません。
キャバ嬢の方々を見るとどうしても引いてしまいますし、自分とは住む世界の違う人間なんだなと思ってしまいます。
価値観も凄く違うイメージがあります。
ですが、キャバ嬢の皆さんは好きでこの仕事をやっているわけではない人も少なくないと思います。
やってみたら稼ぎがいいからやっているという人もいるでしょう。

実際、昔の同級生がそうみたいですし。
お得意様がつけば、色んなものを買ってもらえると聞いたこともあります。
軌道に乗れば、そこそこ稼げるのかもしれません。
ですが、そこに行くためには様々な努力が必要なのでしょう。
衣装代も自腹だと聞いたことがあります。
少なくとも、その同級生が勤めているところの話ではありますが、そういうところは結構あるそうです。驚きました。

メイク道具とかなら分かりますが、あんな派手なドレスも自腹だなんて、働き始めるときから出費が凄いことになると思ってしまいました。
私の勝手な想像ですが、キャバ嬢は精神的にも身体的にも負担が大きそうだなと思ってしまいました。
となると、少し避けがちだったキャバ嬢が、少しかっこよく見える気もします。
だからといってなりたいとは思いませんが、キャバ嬢も戦っているんだなと思った次第です。
次キャバ嬢を見かけたら、尊敬の念をこめて見たいと思います。
そして、キャバ嬢は必死で頑張っているのだから、お客さんは色々買ってあげてほしいなと思ってしまいました。

Comments are closed.

Post Navigation